MENU

ビーグレンとアンプルールどっちが美白におすすめなの?

美白スキンケアでシミが消えると人気のスキンケアといえば、
「ビーグレン」と「アンプルール」です。

 

どちらも通販でのみの販売で、
美容ブロガーの間ではどちらも人気のスキンケアブランドです。

 

美白コスメには「漂白型」と「予防型」の2種類があり、
漂白型は出来てしまったシミを薄くしますが、予防型はシミができないように予防します。

 

アンプルールとビーグレンが比較されるのは、
この「漂白型」と「予防型」を両方とも兼ね備えているか
らと言えます。

 

2つのスキンケアを比較してみましたので参考にしてください。

 

 

比較表でわかりやすく見てみよう!

 

アンプルールとビーグレンを表にして比べてみました。
シミ消しに欠かせないハイドロキノンが入った美容液やクリームを中心に比較しています。

 

見やすい表になっていますので、参考にしてください。

 

 

アンプルール

ビーグレン

商    品

 

ラグジュアリーホワイト

コンセントレートHQ110

 

QuSomeホワイトクリーム

美 白 成 分

 (トライアル全体)

・ハイドロキノン
・アルブチン
・ビタミンC誘導体

・QuSome化ハイドロキノン
・QuSome化アルブチン
・QuSome化ビタミンC

ハイドロキノン濃度

2・5%
熱や光に強く
肌への刺激が少ない
『新安定型ハイドロキノン』

1.9%
国際特許の浸透力で
浸透するので
効果が高く肌にもやさしい!

化粧品のタイプ

高濃度スポッツ美容液 高濃度美白クリーム

どれくらい持つ?

約2か月 約1か月

使 用 方 法

洗顔後
シミの箇所にだけ塗る

他のクリーム同様
(シミの箇所だけでもOK!)

妊娠中・授乳期もOK? 使えます 使えます

本 体 価 格

10,500円 6,480円

トライアルセット

 

1,890円

 

1,944円

トライアル内容

化粧水・スポッツ美容液・薬用美白美容液・高保湿美容乳液ゲル(計4点)
毎回違うおまけが付きます!

洗顔・ローション・高濃度ビタミンC美容液・美白クリーム・モイスチャーリッチクリーム(計5点)

 

開発者

皮膚科医 高瀬聡子 Dr.ケラー

体験レポート

公式サイト

  

  

 

 

 

比較表を見ていただくとわかるように、
アンプルールもビーグレンもハイドロキノンを使った美白ケアです。

 

シミ消しやシミ予防に関してはどちらも非常に効果の高いスキンケアと言えます。
なので両方ともダメという結論にはなりません。
ただ、どちらを選ぶのかとうことです。

 

アンプルールは独自の「新安定型ハイドロキノン」として配合してあります。

 

他の美白成分としても
アンプルールはアルブチン、ビタミンC誘導体を配合。

 

一方、ビーグレンは、
QuSome(キューソーム)化ビタミンCと
QuSome(キューソーム)化アルブチンを配合。

 

もちろん、ハイドロキノンもQuSome(キューソーム)化されてるので、
今まで以上にお肌にやさしく効果が実感しやすくなりました!!

 

また、高濃度ビタミンC美容液(Cセラム)との併用により
シミへの効果がさらに期待できます!

 

 

※QuSome(キューソーム)化とは、
ビーグレン独自の浸透技術で、最大で10倍の浸透力があります。
また、より少ない量でより高い効果を実感でき、美肌成分を確実にお肌の奥まで届けることができます。   
       詳しくはこちら

 

 

 

私の感想では、
アンプルールもビーグレンも最近できたばかりの薄いシミには
効果を実感しやすいのかなと思います。

 

ビーグレンの方がドクターズコスメって感じが強いですね。

 

 

トライアルセットを比較してみよう!

 

ビーグレンもアンプルールもトライアルセットがあります。
比較してみましょう。

 

ビーグレン

 

・トライアルセット価格 : 1944円
・美白配合成分  :QuSome(キューソーム)化ハイドロキノン
・ハイドロキノン濃度  : 1.9%
・本体価格(QuSomeホワイトクリーム1.9): 6480円

 

トライアルには
洗顔・化粧水・ビタミンC美容液・美白美容液・保湿クリームの5点が入っています。

 

浸透力が高いので即効性がありシミを消す効果も高いようです。
独自の技術の「キューソーム」が全部に使われています。

 

 

 

 

アンプルール

 

・トライアルセット価格 : 1890円
・美白配合成分   : 新安定型ハイドロキノン
・ハイドロキノン濃度  : 2.5%
・本体価格(ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110):10500円

 

トライアルには、
化粧水・スポット美白美容液・薬用美白美容液・美容乳液ゲルの4点が入っています。おまけで、洗顔やクレンジングも入っています。(各2包)

 

大きな特徴は、ラインのほぼ全部に新安定型ハイドロキノンが入っている点です。
濃度は低いですが、ラインで使うと高い効果が期待できそうです。

 

新安定型ハイドロキノンは独自の成分で妊婦や授乳中でも安心して使えます。
美白効果は非常に高く、シミへの効果も高いです。
速攻性はビーグレンには劣るかも。

 

※ビーグレンの方が価格面で安く見えますが、
リニューアルされて内容量が15gと従来の半分になっています。
同じ内容量で比較するとビーグレンの方が高くなります。

 

 

 

次は共通点をみてみましょう。

 

ビーグレンとアンプルールの共通点

 

  • 同じハイドロキノンを使ってシミ消しをしている!
  • 医師が開発したドクターズコスメ!
  • 口コミがよくリピーターが多い!

 

ハイドロキノンを使っている!

 

アンプルールもビーグレンも同じハイドロキノンをメインのシミ消し成分として使用しています。
ハイドロキノンはシミを薄くすることができるアイテムとされているので両方とも高い効果が期待できます。

 

アンプルールは「新安定型ハイドロキノン」」という肌にやさしくハイドロキノンのデメリットを改善したものになっています。

 

また、ビーグレンも「QuSome(キューソーム)化ハイドロキノン」という独自の成分で、
肌にやさしく、確実に肌の奥まで浸透できるような仕組みになっています。

 

ただ、濃度に違いがあり、
アンプルールは2.5%、ビーグレンは1.9%です。

 

 


ビーグレン場合は浸透力がとても高いので濃度はアンプルールには劣りますが、効果としては約5倍くらいあるそうです。
ビーグレンの浸透力やばいです!!

 

 

医師が開発したドクターズコスメ

ビーグレンはケラー博士が開発しています。
この人はドラッグデリバリーシステムという成分を確実に体内に浸透させる仕組みを考えた第一人者です。
その技術をスキンケアに応用したのがビーグレンだったんです!

 

 

 

アンプルールは、美容皮膚科の医院長である女医の高瀬聡子さんが開発しています。
女性の目線できめ細やかな商品開発に取り組んでいます。
たまにTVにも出ていますね。

 

 

 

 

口コミがよくリピーターが多い!

ビーグレンもアンプルールも口コミで人気になりました。
特にビーグレンは公式サイトでしか買うことが出来ないので口コミだけで人気になったのはすごいことだと思います。

 

 

 

まとめ

シミ消しスキンケアとしておすすめなのは、ビーグレンです!!

 

その理由は即効性!

 

どちらもハイドロキノンを美白成分として使っているので、
シミを消す力はほぼ同じと言えるでしょう。

 

ただ、即効性という点でビーグレンが勝っているのでビーグレンの勝ちにしました。

 

妊婦や授乳中の方はアンプルールなら安心してつかえますのでおすすめです。

 

妊娠していない方なら、迷わずビーグレンをおすすめします!!

 

もっとダークな比較はこちら!!

 

 

 

 

 

このページの先頭へ